エクストリームテキサスホールデム

進捗状況(2023年1~3月):TOKYOスマート・スクール・プロジェクト【教育庁】

プロジェクトのイメージ

進捗状況(2023年1~3月)

【学び方改革】

○ 高校段階における一人1台端末体制

2022年度都立高校等の新入生については、全世帯を対象にした、負担額が3万円となる補助制度等により購入した、自己所有の端末を活用して学びを深めています。2023年度新入生の端末購入支援業務に向けて学校向けの説明会や保護者向けのホームページを開設し、円滑な購入をサポートしています。

○ 通信環境の整備

高校一人1台端末の導入やオンラインを活用した双方向型授業等の実施機会の増加による通信量増を見据え、全都立学校(島しょを除く。)の通信環境の増強を行っています。2月までに全都立学校のネットワーク切り替え作業を終えました。

【教え方改革】

○ 統合型校務支援システムの整備

都立学校における業務縮減及び業務の効率化に向け、2022年4月に運用開始した統合型校務支援システムについて、安定稼働及び全都立学校への運用定着を図るため、ヘルプデスクによる継続した支援や研修動画の配信などを実施しました。

○ 教育用ダッシュボードの整備

校務系データと学習系データの効果的な連携方法及びデータ分析の有用性について検証を進め、統合型校務支援システムと統合型学習支援サービスのデータを活用した教育ダッシュボードとその分析基盤を構築します。第四四半期では契約事業者と協力しながら、分析基盤の構築を完了しました。

○ デジタルサポーター(ICT支援員)の配置

都立学校への校内無線LAN整備、統合型学習支援サービスの導入等のデジタル環境整備に当たり、トラブルに迅速に対応し、安定した活用を支援するとともに、専門的見地から活用手法の改善や新たな活用法について支援するためのデジタルサポーター(ICT支援員)を引き続き都立学校全校へ常駐配置しています。

○ 教員のデジタルリテラシー向上・利活用推進

都内公立学校向けに「学びのアップデート」を1回発行し、デジタルを活用した学習を実施する際に役立つ実践例等を紹介しました。

【働き方改革】

○ 庶務事務の更なるシステム化

都立学校における休暇処理等の庶務事務に係る負担軽減を図るため、教職員に係る複数の庶務事務を統合して処理するシステムを開発しました。9月から運用を開始し、ユーザーに対してはヘルプデスクによる継続した支援を実施しました。

○ 定期考査採点・分析システムの整備

定期考査や小テスト等の採点業務の効率化を図るとともに採点結果の集計・分析を活用し、授業改善や生徒の補習等の取組を推進するため、2021年度に都立高校等全校に導入した定期考査採点・分析システムについて、第四四半期では、導入効果を検証し、機能改善等を検討するための教員向けアンケートを実施しました。

今後の取組(2023年4~6月)

【学び方改革】

○ 高校段階における一人1台端末体制

2023年4月まで端末の販売を実施し、一人1台端末の整備を進めていきます。

○ IT人材の育成

デジタル人材の育成を図るため、希望する都立高校生に向けたアプリ開発環境の提供やワークショップ等の準備を進めていきます。

【教え方改革】

○ 教育ダッシュボードの整備

2023年度からの段階的稼働に向けて、統合型学習支援サービスや統合型校務支援システムとのデータ連携機能の開発を進めます。

○ デジタルサポーター(ICT支援員)の配置

引き続き、デジタルサポーターの配置により、トラブルに迅速に対応し、安定した活用を支援するとともに、専門的見地から授業等における活用等を支援します。

○ 教員のデジタルリテラシー向上・利活用推進

都内公立学校向けの「学びのアップデート」の配信や都立学校向けのオンラインを活用した情報蓄積サイトでの活用事例の共有化を図る取組を進めます。

【働き方改革】

○ 統合型校務支援システムの運用

より利用しやすいシステムとなるよう改修や追加開発に向けた検討を進めるとともに、ヘルプデスクでの支援等を継続します。

○ 定期考査採点・分析システムの整備

ヘルプデスクと連携し、システムの安定した運用を図るとともに、教員の負担を軽減できるよう、統合型校務支援システムとの連携について検討を進めていきます。